食費・食材料費を節約する方法 サイトマップ  お問合わせ   

節約暮らし


 ▼公共料金の節約
 ┣ 電気料金の節約
 ┣ ガス料金の節約
 ┣ 水道料金の節約
 ┗ 通信費の節約
 ▼暮らしの節約
 ┣ 食費の節約
 ┣ 旅行・お出かけの節約
 ┣ 車・バイクの節約
 ┗ 化粧品・コスメの節約
 ▼便利な節約
 ┣ 結婚式の節約
 ┣ 各種保険の節約
 ┣ 引越し費用の節約
 ┗ お得・激安品で節約
 ▼ネットで副収入作戦
 ┣ ネット収入の下準備
 ┣ ポイントサイトで現金収入
 ┣ アフィリエイトで副業
 ┗ ネットでバイト情報
 ▼無料・お得サービス
 ┣ 使える無料サービス
 ┣ クーポン・割引チケット
 ┣ 無料でお友達の輪
 ┗ 無料サンプル品情報



底値を徹底的に調べよう!
買い物するなら安く買いたいですよね?曜日や時間によって、はたまたスーパーになど店舗によっても価格には差があります。当然ですね^^いわゆる目玉商品のようなものがありますが、その底値をまずは知りましょう。買い物の基本はそこからです。

まとめ買いが基本
底値を調べるのがまず第一だとしたら、まとめ買いは第二でしょうか・・・。毎日買い物に行って安いものだけを購入できる人はそれでも構いませんが、それでは時間の節約が出来ません。ちょっと難しいところですが、時間だってお金に換算すると高いものですから、時間の節約も考慮すると、まとめ買いがいいと思います。安いときに安い物をまとめて買っておく。

まとめて買ったら保存方法も考えよう
まとめ買いをすると、食材が多く冷蔵庫に入らなかったりしませんか?冷蔵庫に多くの食材を詰め込むのは考え物です。きちんと整理整頓しないと、冷蔵庫の中が冷えず電気代がかかったり、せっかくの食材が痛んだりしますので注意してください。
もし予算に余裕があれば大き目のフリーザーがあると便利です。
さて、保存の基本は冷凍です。買ってきたものをそのまま冷凍するのではなく、使い易く全て小分けにして保存します。そうすることにより、無駄な利用を防ぎ、整理された冷蔵庫を保つことが可能になります。

時間や曜日で買い物上手
上の項でも書いていますが、店舗によっては時間や曜日で特売があります。
これを利用しない手はありません。
わたしの家では曜日ごとに店舗を決めて買い物をしています。
ちなみに近くの生協では毎週日曜日に100円均一特売があり、野菜類が100円・卵が100円などあります。当然利用しています。


余らせない・使い切る!
せっかくの食材ですから、節約のために絶対に余らせるようなことが無いようにしましょう。そのためにも小分けして保存するのが適しているのです。また、レシピを勉強しておくのもいいですね。少しの材料でもいろいろレシピをしっていれば応用が利きます。レシピなんて覚えられない!って人はとりあえず毎週鍋物を作るとかするといいですよ。我が家の冬は毎週末鍋物です。これで賞味期限が近い食材を片付けます^^

外食が命取り・・・
外食もりっぱな食費です。なるべく外食は避けるようにしたいところですね。
ファミレスに行って我が家(夫婦と子一人)で外食すると約5,000円くらいかかったとします。5,000円あったら我が家では1週間は食べられます。(お米などは別ですが)
つまり一回外食すると1週間分は飛ぶわけです。
如何に外食にはお金がかかるか分かりますよね。
かと言ってまったく外食しないのもちょっと寂しいですから、ここで節約をしながら計画的に楽しい外食を楽しむように考えてみてください。

食事をしてから買い物に
我が家では食材料費の買い物には家族揃って出かけることが多いです。
それは日曜日が多く、まとめ買いをするからですが、その際には大抵お昼ごはんを食べてから出かけることが多いですね。
それは無駄な買い物を防ぐためです。
お腹が減っていると、見るもの全てがおいしそうで、必要の無いものまで買ってしまうからです。
実際にお腹が減っているときと、満腹のときに買い物をして比べてみてください。
まったく違うことに気が付くはずです。

ポイントカードの有効利用
今はどの店舗に行ってもポイントカードがあると思います。
中にはクレジット機能の付加されたものもあるでしょう。(西友ではセゾンカード、ジャスコではイオンカード等)これらのカードを利用しないのはとっても勿体無い!クレジット機能を利用するのは嫌だという人も結構いますが、私は利用しています。家計簿をキチンとつけていれば問題ありません。
それにクレジットの無いその店舗独自のポイントカードだって必ず利用してください。
カードを持ってる人のみに特典をつけている場合も多いからです。貯まったポイントで買い物が出来たりしますしね。

料理レシピを覚えよう
言うまでもありませんね。レシピを知ってるほうがいい。
ひとつの食材料でたくさんの料理を作れれば、飽きることも無く家族みんなで楽しく食事できるからです。食費を節約して心が貧しくなってはいけません。

家庭菜園に挑戦
家庭菜園と言っても大したことはありません。小さなポットで作れるものでいいんです。
バジルやスペアミント、イタリアンパセリ、ローズマリーなどは簡単に栽培できますし、料理のアクセントに使えます。
また、ちょっしたプランターがあれば大根やにんじん、ねぎなども作れます。
これも簡単、わざわざ種から育てる必要はありません。いつもの買い物で買ってきた大根は葉っぱ部分を残して切り、水につけておくだけ、しばらくすると新しい芽が出てきます。これを炒めたりすれば立派な一品の出来上がり!ねぎだって同じ。根っこの付いているねぎがあれば根っこから3cm程度は残しておいて、そのまま植えておきます。するとこちらも新しい芽が出てきます。薬味に使えてとっても便利!誰だって簡単に出来ますよ。

マイバックを持参しよう
いよいよレジ袋にもお金がかかるという世の中になってきました。
つまり、レジ袋分のお金が余分にかかるということです。
これを回避するためにはマイバックを持参するしかありません。
最近ではファッション性の高いものが数多く出てきています。お気に入りのマイバックを見つけてみてはいかがでしょうか?またこれは環境にもいいことです。身近に出来る環境への取り組みのひとつとしてぜひ実践してください。

外食は必ず割引券等をチェック!
食費を節約するといってもやっぱり外食も楽しみたいもの。
ですから、あまり無理な節約はせずに外食にも出かけましょう。でも、その前にちょっと確認を。。。
そのお店の割引券やクーポン券、提携カードなどはありませんか?
例えばJCBカードやJAFカードを持っていれば割引になったりするところもありますよ。
せっかくの外食です。ちょっとした確認で安くて楽しい外食が可能になります。



2007(c) 節約暮らし. ALL RIGHTS RESERVED